ESDカフェ(ユース活動)のご報告

大切なお知らせ

岡山市HPに、本法人の活動を掲載していただいております。リトル・サンは、今月19日をもって、設立4年目に入ります。これからも、応援を力に事業展開していきます。今後とも何卒宜しくお願いいたします╰(*´︶`*)╯

【岡山ESD協議会】
https://www.city.okayama.jp/sdgs-esd/0000060416.html

テーマ:「視覚障がい者による運動 ~ヨガをとおしてサポート&環境整備を学ぶ~」
開催日時:2024年1月17日(水曜)18時30分から20時
開催場所:Wonderwall(岡山市北区駅前町1-8-18イコットニコット2階)またはオンライン(Zoom)
ゲストスピーカー:太田 千穂 さん(NPO法人リトル・サン)

✨ヨガを通して視覚障がい者に運動の機会を✨
太田さんは、岡山ESD推進協議会「ユース活動支援助成金」を活用し、視覚障がいに特化したヨガを全国展開している団体のヨガ講座を視察に行きました。そこで学んだサポートの仕方や、安全・安心に運動するための環境整備をご紹介します。

✨NPO法人リトル・サン✨
NPO法人リトル・サン代表の杉山さんに、団体の概要についてお話を伺いました。ヨガ等の運動を継続することは、当事者の自主性・主体性の向上が図られるという効果があります。リトル・サンは、障がいのある方及びその家族などサポートに関わる方の、定期的な運動(動く事)の機会とプログラムを提供することで、自己実現を含めた当人らしい生き方を応援しています。
対象者は、主に成人以降の障がいのある方です(肢体不自由・知的障がい等)。定期講座に加え、普段と違った環境・メンバーでのイベントも開催しており、運動のきっかけ作りや場所の提供などを通じて、障がい者と家族の心身の健康作り・健康維持に貢献できる活動を目指しています。
2006年に活動をスタートし、2021年にNPO法人化。視覚障がい、身体障がい、精神障がい、発達障がいのある方や、様々な難病の方も一緒にヨガをするクラスを実施するほか、手話通訳の方が入って聴覚障がい者向けのヨガをすることもあります。知的障がい者・肢体不自由者の方の施設でも教室を定期開催。リトル・サン主催の定期講座では、ヨガを通じて、多様な方とふれあえるよう広く参加者を募集する等工夫しながら運営しています。
運動できる場所が定期的に設けられていること、またそれが継続していくことは、障がいのある方にとって非常に重要です。対象者にあわせたヨガを行い、マットに横になってヨガをすることが難しい方には、車いすのままヨガができるようなメニューも用意しています。介護者・保護者の会を対象とした支援者向けのヨガも実施しています。

🌞私がヨガを始めたきっかけ、ヨガとの出会いについてなども、カフェではお話しをしましたので、そんな内容も含みまだまだ盛りだくさんの記事にしてくださっています。
ぜひ、ご高覧くださり、NPO法人リトル・サンのことを知って貰えたら幸せです😀

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP